Current Promotions
There are currently no active promotions.

クリエイティブディレクション

ピエールパオロ・ピッチョーリ

 

「子どもの頃から映画が大好きで、ずっと映画監督になりたいと夢みていました。ファッションとファッションが持つメッセージの力強さを知ったとき、ファッションデザイナーに なろうと心に決めました。私にとって、そのように夢が変化していくのはとても自然なことでした」

 

高校卒業後、ピエールパオロ・ピッチョーリはローマのヨーロッパ・デザイン学院に入学。アトリエでの熱心な作品作りがはじまります。いくつかの経験を経た1990年、フェンディに 入社し、アクセサリーラインの創作に携わります。イタリアが誇る 高いクラフツマンシップを尊重しながらも、新しいアプローチで可能性を探るという、プロフェッショナルとして 大切なことを学びました。

 

「職人やイタリアの専門家たちと密接に連携して仕事をすることは、非常に大切なことです。ルールを知り、理解することができます。そうすることによってはじめて既存のルール を打ち破り、新しいものを作ることができるのです。プロのデザイナーにとってその基礎となっているのは、どのようなことにも臨機応変に対処できる才覚です。そこから一つ一つ の作品が生まれるのです」

 

フェンディを離れ、マリア・グラツィア・キウリとともにヴァレンティノに入社すると、新しいアクセサリーラインの立ち上げを任されるようになります。しかしこれは、やがて 伝統や創設者の創造性を守りながら、ドレスから小物までのデザインを担当し、歴史あるヴァレンティノ クチュールを率いるという挑戦のはじまりに過ぎませんでした。 2008年、ピエールパオロ・ピッチョーリとマリア・グラツィア・キウリは、ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクターに就任。実験的な手法が随所に取り入れられました。

 

「当初より、ヴァレンティノにおける重要な任務とは過去の作品をなぞるのではなく、ブランドの認知度を高め、メゾンの考え方や本質を知ってもらうことでした。それは クリエイティブなプロセスであり、アトリエの流儀を手本としていました。つまり、ファッションショーからコラボレーション、ストアに至るあらゆる場面において、人間らしい 美徳が表現されたのです」

 

その後わずか数年で、ヴァレンティノはファッション界で注目される、世界的に成功したブランドへと成長します。2016年、マリア・グラツィア・キウリの退任を受け、 ピエールパオロ・ピッチョーリが単独のクリエイティブ ディレクターに指名されました。これは、このイタリアブランドにとっての新しい時代、そして、さらなる革新の はじまりなのです。

 

「創造の源でもある、ヒューマニズムという考え方に興味を持っています。人と人とのつながりが、このメゾンの礎となっています。そしてこのチームは、私にとってかけがえの ない存在です。伝統を深く理解していなければ、革新を起こすことはできません。また同時に、伝統を意識することから生まれる閉塞感こそ、それをどのように打破することが できるかという、自由な発想をもたらす原動力でもあるのです。これは、ヴァレンティノの新しい方向性となるでしょう。統一されているけれど個性的、そのような人間らしさに あふれた物語がこれからも続いていきます」

ピエールパオロ・ピッチョーリ

 

「子どもの頃から映画が大好きで、ずっと映画監督になりたいと夢みていました。ファッションとファッションが持つメッセージの力強さを知ったとき、ファッションデザイナーに なろうと心に決めました。私にとって、そのように夢が変化していくのはとても自然なことでした」

 

高校卒業後、ピエールパオロ・ピッチョーリはローマのヨーロッパ・デザイン学院に入学。アトリエでの熱心な作品作りがはじまります。いくつかの経験を経た1990年、フェンディに 入社し、アクセサリーラインの創作に携わります。イタリアが誇る 高いクラフツマンシップを尊重しながらも、新しいアプローチで可能性を探るという、プロフェッショナルとして 大切なことを学びました。

 

「職人やイタリアの専門家たちと密接に連携して仕事をすることは、非常に大切なことです。ルールを知り、理解することができます。そうすることによってはじめて既存のルール を打ち破り、新しいものを作ることができるのです。プロのデザイナーにとってその基礎となっているのは、どのようなことにも臨機応変に対処できる才覚です。そこから一つ一つ の作品が生まれるのです」

 

フェンディを離れ、マリア・グラツィア・キウリとともにヴァレンティノに入社すると、新しいアクセサリーラインの立ち上げを任されるようになります。しかしこれは、やがて 伝統や創設者の創造性を守りながら、ドレスから小物までのデザインを担当し、歴史あるヴァレンティノ クチュールを率いるという挑戦のはじまりに過ぎませんでした。 2008年、ピエールパオロ・ピッチョーリとマリア・グラツィア・キウリは、ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクターに就任。実験的な手法が随所に取り入れられました。

 

「当初より、ヴァレンティノにおける重要な任務とは過去の作品をなぞるのではなく、ブランドの認知度を高め、メゾンの考え方や本質を知ってもらうことでした。それは クリエイティブなプロセスであり、アトリエの流儀を手本としていました。つまり、ファッションショーからコラボレーション、ストアに至るあらゆる場面において、人間らしい 美徳が表現されたのです」

 

その後わずか数年で、ヴァレンティノはファッション界で注目される、世界的に成功したブランドへと成長します。2016年、マリア・グラツィア・キウリの退任を受け、 ピエールパオロ・ピッチョーリが単独のクリエイティブ ディレクターに指名されました。これは、このイタリアブランドにとっての新しい時代、そして、さらなる革新の はじまりなのです。

 

「創造の源でもある、ヒューマニズムという考え方に興味を持っています。人と人とのつながりが、このメゾンの礎となっています。そしてこのチームは、私にとってかけがえの ない存在です。伝統を深く理解していなければ、革新を起こすことはできません。また同時に、伝統を意識することから生まれる閉塞感こそ、それをどのように打破することが できるかという、自由な発想をもたらす原動力でもあるのです。これは、ヴァレンティノの新しい方向性となるでしょう。統一されているけれど個性的、そのような人間らしさに あふれた物語がこれからも続いていきます」